『戦×恋(ヴァルラヴ)』のアニメ作品紹介

公開日 : 最終更新日 :

あらすじ

人類に迫りくる悪魔を迎え撃つ9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー) 彼女らの原動力は1人の高校生との“恋”だった―――― 「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、 上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。 一人の少女を助けたことをきっかけに、 悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)の恋人となって育て、 人間界を守ってほしいと頼まれる。 その方法は… 戦乙女と“恋”イチャイチャをすること!! 9人姉妹と恋人契約を結んだ拓真は彼女らと一つ屋根の下で暮らし、 様々な濃いミッションを乗り越え、彼女らを戦いへ導くことに… 恋が世界を救うことを証明せよ! 戦乙女ヴァルキリー、発動――

戦×恋(ヴァルラヴ)」『公式サイト』より


公式サイト

https://val-love.com/


キャスト

広瀬裕也 本渡楓 加隈亜衣 日高里菜 内山夕実 原由実 清水彩香 逢田梨香子 河瀬茉希 小岩井ことり 新田ひより 平川大輔 種﨑敦美 M・A・O 福圓美里


スタッフ

原作:朝倉亮介(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊) 監督:直谷たかし シリーズ構成:高橋龍也 キャラクターデザイン・総作画監督:立石聖 音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND アニメーション制作:フッズエンタテインメント 製作:「戦×恋」製作委員会


アニメ紹介

戦×恋(ヴァルラヴ)


アニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」は、「恋は乙女の強さの源である」をテーマに、9姉妹が悪魔から世界を守る恋愛&戦闘アニメです。その9姉妹は、亜久津拓真という男子高生から愛されてキスされると、ヴァルキリーと呼ばれる戦乙女に変身することができます。そして、拓真と恋をするほどに戦闘レベルが上がって強くなるのです。しかし、この拓真が人間恐怖症であることから、9姉妹がデートやキスするのも一苦労です。拓真は、9姉妹の父親であり、アースガルズの主神から指名された少年であり、お前にしか悪は倒せないとの信託を受けています。9姉妹それぞれの個性も違っていて、拓真とどんな恋をして経験値を積んでいくのかが見どころです。


亜久津拓真(CV : 広瀬裕也)

亜久津拓真
引用元 : @val_love_pr

悪魔と呼ばれる亜久津拓真16歳は、幼少期から顔面が怖く、その威圧感から誰からも怯えられ他人とまともに関われない人間恐怖症になってしまいます。友達はいらない、自分には勉強さえあればいいと両親が残してくれた一軒家で静かに暮らすはずでしたが、9人の戦乙女に間借りされて大所帯になってしまいます。この9姉妹は世界を滅ぼす悪魔を倒すためのヴァルキリーであり、それを強く育てる役に拓真がアースガルズ主神から任命され、9姉妹の戦乙女は拓真からの愛で強くなるという設定です。

早乙女七樹(CV : 本渡楓)

早乙女七樹
引用元 : @val_love_pr

自分のことを「ボク」と称する女子高生で拓真と同じクラスですが、拓真の卑屈な態度に「どうして言い返さないのか」といつも苛立っています。拓真と暮らし始めた当初の戦闘レベルが20と9姉妹の中で最も高く、能力は「剣」です。貧乳なのがコンプレックスですが、容姿は他校にファンクラブが出来るほど可愛いヒロイン。悪魔が召喚されたとき、拓真とキスをすることでヴァルキリーに変身し、悪魔を倒しますが自分も消耗して倒れてしまいます。

早乙女五夜(CV : 加隈亜衣)

早乙女五夜
引用元 : @val_love_pr

早乙女五夜は、拓真と七樹らが通う高校の生徒会長で、容姿は美しくカリスマ性があり、惚れない男子はいないとまでいわれています。本人は至ってクールでマイペース。学校では「生徒のため、学校のため」とキリッといした雰囲気ですが、家に帰るとガラッと変わってセクシーな感じになってしまう切り替えの早いタイプです。拓真にも積極的に色っぽく迫っていくのですが、その色気に拓真が腰が引けてなかなか上手くいきません。当初の戦闘レベルは5で能力は「鎖」です。

早乙女六海(CV : 日高里菜)

早乙女六海
引用元 : @val_love_pr

早乙女六海も拓真や七樹と同じ高校に通っていますが、人気上昇中のアイドルの活動をしています。男子生徒からしたら、雲の上の存在で一度でいいからお話してみたいという男子が多くいます。美しいというよりも可愛いタイプで、普段はライブの稽古をしています。当初の戦闘レベルは5で能力は「翼」です。幼少期に拓真の顔に似た悪魔に襲われた経験があり、拓真とデートをするときは弱きになりがちです。

早乙女一千花(CV : 内山夕実)

早乙女一千花
引用元 : @val_love_pr

早乙女一千花は、9姉妹の長女ですが、最初は拓真の家には住んでいません。最初の七樹の戦いにかなり時間がかかってしまったことで、拓真を「わが姉妹の恋人とは認めることはできない」と頑なな態度をとっています。最初の戦闘レベルが1なのは、変身にかなりの体力を消耗してしまい、戦闘できる状態にならないためですが、潜在能力はとても高いです。能力は「槍」で、半神半人の邪神が襲来することを知り、仕方なく拓真とデートすることになります。

早乙女二葉(CV : 原由実)

早乙女二葉
引用元 : @val_love_pr

早乙女二葉は、人あたりがやさしく拓真の家では姉妹の中でも母のような存在で、拓真にもやさしく接してくれます。他の妹たちが頑張って拓真と恋ができるようにバックアップしており、いつもエプロンをしていて、食事をつくったり家事をこなしています。居候していることを拓真に申し訳なく思っているようです。やさしい感じですが、実は轟雷一神流免許皆伝の強さを持っていて、普段はメガネをかけていませんが、メガネをかけることで戦闘能力が上がり一千花と変わらぬ強さを発揮します。

早乙女三沙(CV : 清水彩香)

早乙女三沙
引用元 : @val_love_pr

早乙女三沙は9人姉妹の3女で、髪の毛が緑色でボーイッシュな感じの明るい女の子です。3女なのでかなりお姉さんのはずですが、見た目がボーイッシュであることからか、七樹や五夜より見た目が若くみえます。細かいことは気にしない正確で、さっぱりしています。最初の戦闘レベルは6で能力は「糸」です。普段はスーという子犬を抱っこしていて、可愛がっており能力の糸を使ってぬいぐるみを作ったりして妹たちを喜ばせています。

早乙女四乃(CV : 逢田梨香子)

早乙女四乃
引用元 : @val_love_pr

アニメの第1話に四乃だけが登場しません。その理由は、彼女は悪魔と戦える状態ではないため、拓真の家の外にある倉庫に閉じこもっていて拓真とはまだ一度も会ったことがありません。9人姉妹の中では一番謎が多くミステリアスな感じです。頭から鎧を被っていて、容姿もよくみえないのですが、これからすごい存在感を出してくると思われます。四乃の声優が、アニメの主題歌を歌っています。

早乙女八雲(CV : 河瀬茉希)

早乙女八雲
引用元 : @val_love_pr

早乙女八雲は、髪の色がグレーでいつもヘッドホンをしています。菓子パンなどいつも何かを食べていることが多いのですが、寝ていることも多く家族で食卓を囲んでいる間も居眠りしているほどです。能力は「音」で、普段は人間の心臓の音まで聞こえてしまうことから、周囲の音がダイレクトに耳に入らないようにするためにヘッドホンをしています。五夜とは違って拓真にはとても冷たく接します。

早乙女九瑠璃(CV : 小岩井ことり)

https://twitter.com/val_love_pr/status/1177435932712001537?s=20
引用元 : @val_love_pr

早乙女九瑠璃は、髪が三つ編みの小さな可愛い末っ子です。食べることが大好きでご飯をたくさんおかわりします。機械を分解して遊ぶのが趣味で、周りにボルトや部品が散らかっていてその中で過ごしています。まだ幼少なため、拓真とデートして経験値を積むのではなく、遊ぶことによって経験値を上げています。二葉にくっついていることが多いことから、母と娘みたいな感じに見えます。「この家に居させてください」と二葉と一緒に拓真にお願いする姿が可愛いです。


公式ツイッター

動画


関連Blu-ray