『とある科学の超電磁砲』のアニメ作品紹介

公開日 : 最終更新日 :

あらすじ

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 その人口の約八割を学生が占めることから、「学園都市」と呼ばれているその都市では、世界の法則を捻じ曲げて超常現象を起こす力――超能力の開発が行われていた。
特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査システムスキャン』によって、『無能力レベル0』から『超能力レベル5』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。
そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使いエレクトロマスター』最上位の能力者にして、『超電磁砲レールガン』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員ジャッジメント』の白井黒子。その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。
『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。その華やかな舞台の裏側で蠢くものには、まったく気づくこともなく――。

とある科学の超電磁砲T」『公式サイト』より


公式サイト

https://toaru-project.com/


キャスト

佐藤利奈 新井里美 豊崎愛生 伊藤かな恵 浅倉杏美


スタッフ

原作:鎌池和馬+冬川基 キャラクター原案:はいむらきよたか 監督:長井龍雪 シリーズ構成:ヤスカワショウゴ アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一 美術監督:泉健太郎 色彩設計:安藤智美 撮影監督:福世晋吾 編集:西山茂(REAL-T) 音響監督:明田川仁 音楽:井内舞子 アニメーション制作:J.C.STAFF


アニメ紹介

とある科学の超電磁砲T


「とある科学の超電磁砲T」は同アニメシリーズの中でも第3期にあたる作品です。2020年冬アニメ作品であり、再び御坂美琴を中心にした科学サイドメンバーの奮闘や日常、学園都市という大きな舞台で繰り広げられる陰謀との戦いが描かれます。
今回の舞台は大覇星祭という、超能力者たちが学校単位で覇を競う7日間の祭りです。「とある魔術の禁書目録」で描かれた大覇星祭では、魔術側の人間が学園都市に侵入したことで主人公である上条当麻が奮闘するストーリーでしたが、「とある科学の超電磁砲T」では超能力者として学校の期待を背負って戦う御坂美琴の奮闘が描かれ、また異なる緊張感があります。
しかし、その裏で着々と進行する学園都市の暗部の思惑が御坂美琴たちをひた狙います。学園都市をあげてのお祭りに水を差す者とは、その思惑とは一体何なのか、という「とある科学の超電磁砲」シリーズらしいヒリヒリする展開も魅力、豪華キャストも引き続き出演する同シリーズから目が離せません。


「とある科学の超電磁砲S(第2期)」の魅力について

「とある科学の超電磁砲S(第2期)」は、「とある魔術の禁書目録」シリーズでも屈指の有名エピソードである「妹達(シスターズ)」編を描いた作品です。
御坂美琴のクローンである「妹達」が、「一方通行」というレベル5超能力者の能力をレベル6の高みに至らしめるための犠牲になっていることを、「とある魔術の禁書目録」主人公である上条当麻が許さず、その目論見を破壊する、というストーリーです。が、その裏で人知れず自身のクローンを救うため戦っていた、御坂美琴の奮闘が描かれます。
アニメ前半こそ御坂美琴の奮闘や、「アイテム」という新たなる敵組織の出現などが描かれ、独自の路線を描きますが、後半は概ね「とある魔術の禁書目録」でもなぞった「妹達」編のストーリーそのままです。
しかし、全く同じ場面でも、御坂美琴の視点からはどのように見えていたのか、というところが描かれることも魅力です。「とある魔術の禁書目録」の「妹達」編を見てから見ると面白さが倍増します。


「とある科学の超電磁砲(第1期)」の魅力について

「とある科学の超電磁砲(第1期)」は大成功のうちに終了した「とある魔術の禁書目録(第1期)」のスピンオフ作品としてコミックスシリーズが刊行され、2009年にはテレビアニメシリーズも放送されました。
「とある」シリーズでも屈指の人気ヒロインである御坂美琴を主人公に据え、彼女の周辺で起こるドタバタを描いた作品です。
原作「とある魔術の禁書目録」が科学と魔術の世界の狭間で戦う、どちらにも与さない主人公を描いた作品である一方、「とある科学の超電磁砲」は科学サイドの舞台である学園都市の暗部についても描かれたところが魅力です。
レベル5、という最高レベルの超能力を保有しているあまり、何かと注目されてしまう御坂美琴の生きづらい学園生活の様子や、彼女を取り巻く仲間たちの様子が描かれます。
超能力者だけではなく無能力者のコンプレックスや苦悩を描き、化学や超能力が登場するSFな世界観ながらしっかりと人間ドラマが作り込まれていることも大変魅力的なアニメ作品です。


御坂美琴(CV : 佐藤利奈)

御坂美琴
引用元 : @toaru_project

御坂美琴は、常盤台中学2年生の女の子であり、電気を自由に操る能力を持った学園都市最高レベルの7人の能力者のうちの一人です。常盤台のエースと呼ばれるほどの実力者ですが、カエルのマスコットキャラクターが好きだったり、日々の人間関係に悩んだと思えば気になる男性が出来たり、と年頃の女の子らしい一面も見せてくれます。しかし、困っている人を見たり巨悪と対峙すると、なりふり構わず正義を為そうとするなどヒーローらしい一面もある、可愛い上にカッコイイ主人公です。

白井黒子(CV : 新井里美)

白井黒子
引用元 : @toaru_project

白井黒子はテレポート能力を扱う能力者で、学園都市の治安を守る風紀委員として活動している常盤台中学1年生です。「ですの」という語尾が特徴的な話し方で、しっかりものの一面を見せるなど名門中学の一員に相応しい淑やかで凛とした姿で立ち振る舞う一方、仲間のために身を投げ出すような芯の強さもあります。先輩である御坂美琴を「お姉さま」と呼んで慕い、デレデレと振舞う様子と対照的なのも彼女の魅力ではないでしょうか。

初春飾利(CV : 豊崎愛生)

初春飾利
引用元 : @toaru_project

初春飾利は柵川中学1年生のキャラクターで、「とある科学の超電磁砲」シリーズに出演しており、カチューシャに花が付いているのが特徴的な女の子です。おどおどしていることも多く、勝気な友人たちの中では一歩引いてしまうようなキャラクターですが、白井黒子同様に風紀委員として活動し、主に後方支援やバックアップの役割を担います。鈍くさいことについて自覚しながらも、正義であろうとし、身の丈以上に頑張ってしまうところがある、そんな芯の強さも持ったキャラクターです。

佐天涙子(CV : 伊藤かな恵)

佐天涙子
引用元 : @toaru_project

佐天涙子は初春飾利と同じ柵川中学に通う1年生で、この作品では珍しい全く何の能力も持たない無能力者です。明るく活発な彼女は、引っ込み思案な初春飾利をリードする場面の多い彼女ですが、全く何の能力も持たないことをコンプレックスに感じていました。しかし無能力者ながらも要所では仲間を救う重要な活躍をしたり、持ち前の機転を発揮したりと「とある科学の超電磁砲」という科学と超能力のストーリー中でも屈指の泥臭さが光るのが彼女の魅力です。

食蜂操祈(CV : 浅倉杏美)

食蜂操祈
引用元 : @toaru_project

食蜂操祈は常盤台中学2年生の女の子であり、御坂美琴と同じレベル5の能力者です。超能力は心理掌握という人の心を操るものであり、能力で他人を意のままに操る態度や軽薄な口調のために硬派な御坂美琴とはあまり良好な関係は築けていないキャラクターです。そんな彼女は能力を用いる、あるいはその性格のために「とある科学の超電磁砲」シリーズでは屈指のトラブルメーカーとして振舞う彼女は大覇星祭でどのような面倒ごとを引き起こすのでしょうか。


「とある科学の超電磁砲(第1期)」の魅力について

「とある科学の超電磁砲」シリーズでは長井龍雪監督が全シリーズ通して監督を務め、J.C.STAFFが第1期からアニメーション制作を担当します。科学と魔術が搭乗する作品らしい、異能どうしのぶつかり合いを迫力満点に描くだけではなく、キャラクターのキュートな姿も余すところなく描いてくれることでも有名な制作陣です。
主題歌は第1期からfripSideが担当し続けています。同シリーズを代表する曲になった「only my railgun」をはじめとして、「とある」シリーズのファンでなくても知っているような名曲が主題歌となってきました。第3期でも、同作を強烈に引き立てるようなキラーチューンを発表してくれるのではないでしょうか。
また、第3期からシリーズ構成にヤスカワショウゴ氏を招くなど、新しい面々が制作陣に加わっています。彼らの吹き込む新しい風が、第3期シリーズにどのような変化を加えていくのか、今から気になって目が離せません。


公式ツイッター

動画


関連Blu-ray