『川柳少女』のアニメ作品紹介

公開日 : 最終更新日 :

あらすじ

本作の主人公・雪白七々子は、短冊に川柳を書くことで自分の意思を伝える少女である。中学3年生のクリスマス、七々子は川柳の句会に参加し、同い年の元ヤンキー・毒島エイジと出会う。そしてエイジの優しさに触れ、彼に好意を抱く。

その後、七々子とエイジは同じ高校に合格し、文芸部に入部する。そして、文芸部の部長・片桐アマネ、エイジの姉貴分・大月琴、美術部員・矢工部キノ、占い師・花買タオと行動を共にするようになる。

川柳少女 」(2019年5月3日 04:37 UTC)『ウィキペディア日本語版』より


公式サイト

http://senryu-girl-official.com/


キャスト

花澤香菜 畠中祐 矢作紗友里 大月琴 逢田梨香子 久野美咲 上坂すみれ


スタッフ

原作 : 五十嵐正邦 監督・シリーズ構成 : 神保昌登 キャラクターデザイン : 橋本真希 音楽 : 立山秋航 音響監督 : 土屋雅紀 音響制作 : grooove 色彩設計 : 岡 亮子 美術監督 : 高橋 忍 撮影監督 : 佐藤 敦 編集 : 近藤勇二 アニメーション制作 : CONNECT


あにちゃん!運営から

『川柳少女』の紹介


『川柳少女』は『週刊少年マガジン』(講談社)が原作で、2016年から連載しています。アニメは2019年4月から放映されています。

ストーリーは主人公である雪白七々子と同級生である毒島エイジとのラブコメです。主人公の七々子は口下手で、伝えたいことがあるときはいつも短冊に川柳を書いています。やや天然なところがあり、そこがとても可愛らしいです!

この作品の見どころは、やっぱり七々子エイジの関わりかたですね。お互いがお互い好意を持っているのですが、なかなか踏む込めないような関係性は、見ているこっちもとてもにやけてしまいます。そこがたまらなく良いです。

また、部活の部長である片桐アマネや、エイジの幼馴染である大月琴、絵がとても上手な矢工部キノ、占い師の花買タオなど、とても魅力的なキャラクターが多いのもポイントの一つです。

主人公の川柳がメインで話が進んでいき、とても見ていてテンポが良く、まったりと見られる作品なのでとてもオススメです。是非ご覧になって欲しいです。

登場人物


雪白七々子

雪白七々子
引用元 : @senryu_anime

本作品の主人公です。エイジと仲が良く、恋をしていて、黒髪でとても可愛らしいです。笑顔が特にたまらないです。
口下手で、伝えたいことがあるときは短冊に川柳を書いているのですが、そこがまた可愛いです。

毒島エイジ

毒島エイジ
引用元 : @senryu_anime

七々子の同級生です。七々子がエイジのことを想っているのに対し、エイジも七々子のことを想っている一面も伺えます。
外見に対してとても内面は優しいところがポイントです。

片桐アマネ

https://twitter.com/senryu_anime/status/1135456084242472960
引用元 : @senryu_anime

七々子とエイジが所属している文芸部の部長です。
他人の恋愛を観察することが好きで、七々子とエイジの恋を見守っています。

大月琴

大月琴
引用元 : @senryu_anime

エイジの幼馴染で、エイジの姉貴分なキャラクターで「琴姉」と呼ばれています。
部活動はアメリカ陸軍格闘術部で、たまに性的に際どい言動をするが、とても可愛いです。

矢工部キノ

矢工部キノ
引用元 : @senryu_anime

部活動は美術部ですが、文芸部に遊びにきて、みんなによく絡んでいるキャラクターです。
伝えたいことがあるときはスケッチブックに絵を描いているのですが、とても上手です。
絵の上ではとても口上手な印象で、そのギャップに笑ってしまいます。

花買タオ

花買タオ
引用元 : @senryu_anime

休日は占い師として活動している変わったキャラクターです。
占いの腕はすごく、本編でも良く的中させている印象です。
キノとはクラスが同じで、親しい仲です。


公式ツイッター

動画