「進撃の巨人展FINAL」前期日程に行ってきた感想や見どころをまとめてみました!

公開日 : 最終更新日 :

2019年7月5日(金)から六本木ヒルズ森タワーで開催している「進撃の巨人展FINAL」の前期に行ってきたので、感想や見どころをまとめました。たくさんの原画や映像、最終話音声展示など、「進撃の巨人」が好きな方にとってはとても胸が躍る展示内容でオススメです。また、この記事はネタバレを含みますので注意していただけると幸いです。

目次


オープニングシアター「人生の選択」

展示会場の入口となる木製の扉を進むと、そこにはオープニングシアターが広がります。映し出される映像には「」と「」をコントラストとして、壁の外と中の様子が描かれます。オープニングでありながら迫力のある映像で、一瞬のうちに「進撃の巨人」の世界に引き込まれてしまいます。

そして映像が終わると、来場者は一つの選択を迫られます。 この二種類の色が表す「壁の外」と「壁の中」。

ーーあなたならどちらの人生を選びますか?

分岐点
分岐点

人生の分かれ道

壁の外

壁の外で英雄を志す幼きライナー
壁の外で英雄を志す幼きライナー

璧の外の展示はを基調とした璧の外の人々、ライナー達の幼少期の原画が展示されていました。ライナーベルトルトアニの原画が展示されています。超大型巨人が壁を壊す原画は壁の外から見たものが飾られていて、壁の外からでないと感じられない心情を感じさせてくれます。

壁の中

壁の中で超大型巨人の侵攻から逃げ惑う人々
壁の中で超大型巨人の侵攻から逃げ惑う人々

それに対して壁の中の展示では、を基調にして壁の中の人々、エレン達の幼少期の原画が展示されています。中には幼少時代のエルヴィンの原画もあり、回廊の最後では超大型巨人が現れエレン達の平穏な日々を壊していくところで両者が合流します。

選択の果てに...「衝突と死闘」

衝突と死闘1
衝突と死闘1

衝突と死闘2
衝突と死闘2

二つに分かれた、璧の外壁の中。選択の先にはエレンライナーとの対立にスポットが当たりながらエルディアマーレの対立が描かれています。

大迫力の巨人大戦

1/1ジオラマシアター「巨人大戦」

巨人大戦
巨人大戦

ここは精巧に造られた実寸大のジオラマと全長20mを超える超大型スクリーンが広がる空間で、映し出される鮮烈な映像展示が楽しめます。

ジオラマには作中で登場するアイテムが散りばめられており、「雷槍」や「兵士のループタイ」など数多く展示されています。開催期間の前半と後半で一部の展示内容が変更され、「少女のマフラー」「兵士のマント」「ふかした芋」は前期日程(~8/4)限定の展示となります。

自由の翼が刺繍された兵士のマント
自由の翼が刺繍された兵士のマント

戦闘で使われていた雷槍
戦闘で使われていた雷槍

一部に歯形が残っているふかした芋
一部に歯形が残っているふかした芋

キャラクター紹介

エレン・イェーガー

エレン・イェーガー
エレン・イェーガー

物語の主人公。今までの彼の歩みが原画を元に展示されていて、過去を振り返りながら展示を見ることができます。エレンの心情の変化がわかる展示になっています。

リヴァイ

リヴァイ
リヴァイ

人類最強の兵士リヴァイ兵長かっこよさ強さがわかる原画が展示されています。また、死闘を繰り広げた獣の巨人との対決も展示されています。

サシャ・ブラウス

サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス

芋女。私が1番好きなキャラクター可愛さもありながらもかっこよさが漫画で見るよりも感じられる原画が飾られています。

他にも様々なキャラクターごとにブースがあるので自分の好きなキャラクターの原画を探してみるのもいいですね。

音声展示「最後の風景」

多くの謎に包まれた「進撃の巨人」ですが、どんな物語にも終わりは存在するものですよね。

音声展示
音声展示

この部屋では原作者の諫山創が現在構想中の『最終話』が「」だけで展示されていて、薄暗い展示部屋の中ではまだ誰も想像できない「進撃の巨人」『最終話』の音を体感することが出来ます。

さあ みみをすまそう
さあ みみをすまそう

ここから微ネタバレを含む雑考察が始まります!!

部屋の中で最初に聞こえた人々の叫び声砲撃音巨人の呻き声のようなものが聞こえたことから、『最終話』になっても争いは終わっていないように思いました。 更には高所を想起させるような吹き抜ける風の音何かが飛んでいるようなプロペラ音、遠くに投げかけるような、アルミンの「エレン」を呼ぶ悲痛な声...雰囲気的にハッピーエンドではなさそう。 そしてマーレとの戦争終わっていないように感じました。

つまり...「俺たちの戦いは続いていく...」ということですね!!

気になる結末ではありますが、どんなに考察しても真実は諫山創先生しか知り得ません。先生の思い描く『最終話』が我々の手に届くその日を待ちましょう!!!

作者からのメッセージ

原作者インタビュー
原作者インタビュー

ネーム
ネーム

音声展示を聞いた後はいよいよ最後の部屋でした。作者が描いたネームが壁一面に展示されていて、原作者インタビューが流れていました。 連載10周年になる「進撃の巨人」を描き始めた頃のことや、どのような気持ちで作品を創っているか、作者の思いが語られていました。インタビュー映像が流れている壁面の下には作者が描いた可愛いミカサの絵が描かれていました。

その他

音声ガイド

進撃の巨人展 音声ガイド
進撃の巨人展 音声ガイド

今回も音声ガイドが貸し出しされています。 エレンミカサアルミンをはじめ、総勢13名の豪華声優陣による音声ガイドですので、より楽しく展示会を観れます。 キャラクター同士の愉快な掛け合いを聞くことができるので、是非聞いて欲しいです!

物販(リーブス商会)

リーブス商会 ロッポンギ直営店」
リーブス商会 ロッポンギ直営店

展示が終わった後には「リーブス商会 ロッポンギ直営店」があり、展示会場限定グッズなどを買うことができます。 多種多様な商品がこの会場限定で販売されていて、人気により売り切れになっている商品も多く見受けられました。

カフェ

カフェ1
カフェ1

カフェ2
カフェ2

展示会場である六本木ヒルズ森タワー52Fにある「Cafe TEH SUN」では「リーブス商会CAFE」として「進撃の巨人」をイメージした様々なコラボ料理が販売されています。また、同じく52階にある「THE MOON」では1日10食限定のランチディナーメニュー女型の結晶カクテルが販売されています。

後期展示内容の変更点

8月5日からは展示内容が一部変更になります。

また、六本木ヒルズの屋上スカイデッキとのコラボレーション企画が8月6日~9月8日まで開催されます。 企画内容はARを用いて、スカイデッキの目の前に超大型巨人が出現するバーチャル体験ができるものだそうです。

8月5日から「進撃の巨人展」の展示内容が変わるので一度行った人も、もう一度行きそのまま展望台に行ってみてはいかがでしょうか!

終わりに

控えめに言っても「進撃の巨人展FINAL」最高ですね! 記事を書いてる今でも興奮冷めやらぬほどに刺激的な展示会で、今でもドキドキが止まりません。

迫力満点の映像展示はもちろん、調査兵団の格好をしたスタッフや見れば見るほど引き込まれてしまう原画。展示が終わった後の「リーブス商会」ですらワクワクしてしまうほどの濃密な時間が過ごせました!

今回紹介した「進撃の巨人展FINAL」の様子は8/3に行った前期日程の内容となっており、8/5からは後期日程が始まります。まだ行ったことのないあなたも、すでに前期日程に行ったことのあるあなたも、更なる進撃ワールドを体感しに六本木へ足を運んでみてはいかがでしょう?

「進撃の巨人展FINAL」開催概要

入口
入口

タイトル
進撃の巨人展FINAL

会期
2019年7月5日(金)~2019年9月8日(日)
先行公開日程:7月5日(金)~7月7日(日)
前期日程:7月8日(月)~8月4日(日)
後期日程:8月5日(月)~9月8日(日)
先行公開日程と前期日程の展示内容は同一、後期日程のみ一部展示内容が異なります。休館日無し。

会場
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
東京都港区六本木6-10-1

主催
進撃の巨人展FINAL製作委員会

特別協力
ぴあ株式会社

開館時間
会期中全日 10:00~20:00(最終入館19:00)

ハローダイヤル
03-5777-8600
全日 8:00~22:00(対応期間:会期中)


関連記事


【Aチャンネル】"振り向きながら バイバイ" という至高の歌詞について

2008年から「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の、黒田bb氏による4コマ漫画『Aチャンネル』。2011年にアニメ化し、OVAも製作されるほどの人気を誇るこの作品の魅力は、エンディングテーマ曲における最後のワンフレーズ、<b>「 つぎの角で振り向きながら バイバイ」</b>という歌詞に凝縮されています。タイトルを『ハミングガール』とするこの主題歌の作曲は、アニソン界に知らない人はいない<b>音楽制作集団MONACA所属の神前暁氏</b>が、そしてその作詞を、これまたアニソン界に知らない人はいない<b>こだまさおり氏</b>が手掛けるという、まさに夢のタッグによって製作された曲です。曲の雰囲気としては、マーチのように明確で軽快なリズムを刻みながら、楽しい放課後に中の良い友達と一緒に帰っているような気分にさせてくれるもので、歌詞もまた同様にそういった内容となっています。今回冒頭で紹介した「次の角で 振り向きながら バイバイ」という1行は、この曲の最後を締めくくるフレーズとなっています。では、この歌詞がいったいどのように『Aチャンネル』を描写しているのかという話をしていきたいと思います。


【ガーリッシュナンバー】声優業界を描いた問題作!クズな千歳と生存戦略

『ガーリッシュナンバー』は、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」等で人気のライトノベル作家・渡航が書き上げた小説を元に、2016年にコミック化を経てアニメ化したメディアミックス作品です。声優業界を扱ったこの作品には「この業界はおかしい」というセリフが出てきます。その言葉のとおり、声優業界が面白おかしく描かれており、それは時に現実と重なり、視聴していて辛い気持ちになることもあるかもしれません。実際、周囲からは「不快」という声が多かったそうです(※1)。(※1)[【NIZISTA「『ガーリッシュナンバー』は祈りなんです」賛否両論!? 声優業界を描いた作家・渡航インタビュー① 】より](https://nizista.com/views/article2?id=5dbe2260bb8c11e6838b1bb0eb30143c)『ガーリッシュナンバー』はあくまでフィクションであり、実際の声優業界とは異なるはずです。ただし、アニメを愛好している人であれば、噂で聞きかじったことのある業界話や、想像できてしまうネガティブな面が、リアルに感じられるかもしれません。特に、女子大生でありながら新人声優の主人公・烏丸千歳(からすま ちとせ)は明確にクズとして描かれており、この作品から感じられる不快さの多くは彼女によるものでしょう。新人声優でありながら随分と大きな態度を取る千歳と、彼女が息する声優業界に生じているいびつな状況は、現実に存在するブラック環境を想起させます。そういった、業界の暗部が描かれているせいなのか、本編が始まった段階からどうしようもなくクズな千歳が、どこか狂っている「おかしな業界」の中では、むしろ魅力的に思えてきてしまうから不思議です。千歳のクズさというのは、ある人にとってはただムカつく一方で、ある人にとっては救いとして写るかもしれないのです。今回は、『ガーリッシュナンバー』の中で声優としてサバイブするクズ、もとい主人公の烏丸千歳が、なぜ魅力的に見えるのかという点を検証していきます!






【のんのんびより】 ウチはいなかに住んでるのん? - その①

2013年に1期が放送され、2015年には「りぴーと」と銘打った2期、そして2018年には劇場版と、コンスタントに最新作が放映されてきた人気アニメ『のんのんびより』。田舎暮らしの子どものたちの日々を描いたこの作品は、田舎という舞台において人々が暮らしていく際のふるまいや所作を、丁寧に、そして徹底的に描いていることが魅力です。その細やかな気配りは、登場人物たちが実生活で振舞う何気ない所作や、彼女たちが交わす言葉から見出すことができます。彼女たちが住んでいる村(※1)において、その中にいる人同士での会話にのみ通じる意思疎通の方法があるのは、生活している以上、あたりまえのことなのです。したがって、たとえ視聴者が知らないであろう言葉だったとしても、彼女たちにとってはわかりあえる言動であり、それをわざわざ説明するということはありません。この作品は、彼女たちの生活をそっと覗くような視点で作られているのです。彼女たちが当然のようにして振舞う説明不要のコミュニケーションが、ときに、ほんの一瞬だけ垣間見えることで、彼女たちが、”いまこの瞬間” を暮らしていっていることの鮮烈さを感じ取ることができるのです。_(※1)作中に登場する土地が「村」であるか「町」であるかは明記されていませんが、人口が少なく自然が生い茂っているという環境から本連載では一律に「村」と記します。_[anichantopic id=160][anichantopic id=193][anichantopic id=194]




関連タグ

進撃の巨人 進撃の巨人展 ネタバレあり イベント グッズ アニメ 漫画 六本木ヒルズ