「ヱヴァンゲリオンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」の感想やまとめ!

公開日 : 最終更新日 :

2020年に公開予定の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を前に新宿髙島屋で「ヱヴァンゲリオンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」が開催されていたので感想やまとめを書きました。

目次


ヱヴァンゲリヲンと日本刀展の概要

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展(エヴァンゲリオンとにほんとうてん)は、2012年に備前長船刀剣博物館が企画し、岡山県で開催された、日本刀とアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコラボレーションイベントです。最初は1度のみの開催の予定でしたが、あまりの人気に全国巡回の話が急浮上し、日本全国の博物館で2017年までの長期に渡り全国を巡回した企画でした。

そして、2019年夏、6年ぶりに東京・新宿にて開催されました。今回は2020年公開予定の最新映画に関する展示物も追加され、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」として大きくパワーアップした企画となっていました。

日本刀の刀匠が意匠を凝らし鍛え上げたロンギヌスの槍やプログレッシブナイフなどヱヴァ仕様の刀が展示されていました。 さらに、公開前の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の予告編を、いちはやく見ることができました!

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展のみどころ -日本刀ー

コラボレーション企画展のタイトルにも入っているように、日本刀はメインの展示物の一つです。 この展示会での日本刀はすべて、典型的・伝統的な日本刀ではなく、現代、活躍している刀工が、ヱヴァンゲリヲンをモチーフとして新たに鍛刀した日本刀です。 そのため、装飾が作品をイメージしたものであったり、エヴァンゲリヲンの作中でキャラクターが使用していた武器を再現して作られた刀がずらりと並んでいるのです。

マゴロクソード

1000年以上昔から伝わる伝統的な刀作りの技術や文化と、アニメーションという新しい文化の出会いにより、全く新しい日本刀が生まれたことに、感激を覚えます。 このことを体現しているのが、エヴァンゲリヲンの人気キャラクターである綾波レイを透かし彫りにした短刀です。

仏教への信仰心を表したり、武功を上げる近いのために仏像や龍などのモチーフを透かし彫りにして刀身に刻み込む文化がそのまま、アニメーション作品への情熱として現代に受け継がれたのだと思うと、感慨深いです。

刀野薙

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展のみどころ -ロンギヌスの槍ー

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展の展示物の中で最も大きい作品が、特殊な合金で作られた「ロンギヌスの槍」です。

ロンギヌスの槍

エヴァンゲリオン初号機刀野薙Ver.

制作過程の熱気が伝わってくるような、所狭しと書き込まれた設計図とともに展示されていました。 この作品は、刃をつけていないので厳密には日本刀ではないとのことですが、その大きさと、制作に至るまでの工夫は圧巻でした。

「ロンギヌスの槍」は法律上美術品と武器との区別が難しいらしく、当初予定していた素材では武器として認定されてしまい、素材を変えざるを得なかったそうです。ファンとして見てて心をくすぐられるものでした。

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展のみどころ -アニメーション制作資料ー

アニメーション放送開始当初、実際に放送に使われていたセル画や、原画、絵コンテなど、ヱヴァンゲリヲンを作る数々の展示物が並んでいました。

残念ながら撮影は禁止だったのですが、アニメーション制作の歴史を目の当たりにし、作品への理解がさらに深まったように感じました。

原画はどれも綺麗で見ているだけで製作者の作品に込める思いを感じることが出来るので、是非じっくりとその目でご覧ください。

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展のみどころ -「劇場版シン・エヴァンゲリオン」予告編と資料

2020年に公開を予定されている「劇場版シン・エヴァンゲリオン」に関する情報が、いち早く公開されていました。 設定資料のみならず、予告編ムービーが大画面に映し出されており、長年愛されているヱヴァンゲリヲンという作品の劇場版に期待が膨らむコーナーでした。 映画のネタバレになってしまうので詳しくは描けないのですが、映像技術の飛躍に驚かされること間違いありません!

まとめ

6年ぶりに東京にて開催された、ヱヴァンゲリヲンと日本刀展に足を運んでみて、その素晴らしさに感激しました。 長年開催されている企画展ですが、今回は劇場版の資料が増えたなど、展示内容が若干変わっているようなので、何度も行きたいと思わせられる魅力的な展示でした。

また劇中に登場する刀剣をモチーフにしているので、刀の知識がない自分でも、見ていてとても楽しめました。

日本刀という日本古来の伝統文化が、ヱヴァンゲリヲンとコラボレーションしたことで、作品の良さがさらに引き出されていたと思います。

次にいつ、どこで見ることができるかわからないのですが、次回開催時はぜひまた見に行きたいです。 (注意:9月9日までです。)

余談ですが、髙島屋の袋が展示会とのコラボしていて、個人的に一番喜びました

コラボ袋


関連タグ

ヱヴァンゲリオン シン・エヴァンゲリオン イベント 感想 まとめ 新宿髙島屋