『シャーマンキング複製原画展』に行ってきた感想とレポート!

公開日 : 最終更新日 :

完全新作TVアニメとして2021年4月からの放送が発表され、マンガ・アニメファンたちの話題を集めた『シャーマンキング』。

連載当時、テレビ東京にて放送されたアニメの人気もさることながら、連載終了を乗り越え、完全版として最後まで終結させたこの作品の原作者・武井宏之氏が描くイラストへの人気は、衰えるどころか増すばかりです。

そんな『シャーマンキング』の「複製原画展」が、東京都の池袋にて開催されました!

目次


開催情報

『SHARMAN KING Project.』公式サイト より引用

【店名】
アニメイト池袋テンポラリーストア>アニメイト池袋テンポラリーストア 2階
【開催日】
2020年6月19日~2020年7月5日
【場所】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-9
【営業時間】
12時~19時まで※営業時間は状況に応じて変更になる場合がございます

【注意事項】

  • 建物入り口に【マスク着用必須】という旨の記載がありました。
  • ご参加される際は、お気をつけてください。

『SHAMAN KING展』の 凱旋!

2019年に、出版20年を記念して開催された『SHAMAN KING展』は、2020年8月には聖地・青森での開催が決定しています。また、その盛況ぶりからか、あるいはアニメ化に合わせてか、2020年9月に東京凱旋会場が設けられることが発表されました!!!

こちらもぜひチェックしてみてください!

入場

エントランス

会場エントランスでは、この展示会の特別ポスターが出迎えてくれました!

シャーマンキングといえば、キャラクターごとのカラーリングが非常に鮮やかなことが大きな魅力ですよね。

インディアン・スタイルに身を包んだ葉くんに、落ち着いた土色、灼熱としたオレンジが映えています・・・!

インディアン・スタイルに身を包む麻倉葉
インディアン・スタイルに身を包む麻倉葉

階段を上がると、恐山ル・ヴォワール編の3人が出迎えてくれました!

先述した『SHAMAN KING展』青森会場に向けてのフライヤーのようです。青森といえば、やはりこの時期の葉くんたちですよね!

先ほどとは打って変わって、今度は白をベースとしたデザインに余白がたっぷりと取ってあり、どこか質素な印象の作りなのが、恐山編の寂しい雰囲気を提示しています。

はたして、青森会場で恐山編に寄せた展示内容になるのでしょうか・・・?

期待して待ちましょう◎

『SHAMAN KING 展』青森会場のフライヤー
『SHAMAN KING 展』青森会場のフライヤー

巨大ボード

入場すると、巨大なボードが待ち受けてくれました。

こちらは第1話の扉絵です!

第1話の扉絵イラスト
第1話の扉絵イラスト

著者の武井宏之氏が描くイラストは、『シャーマンキング』連載開始時に比べてその画風が変わってきていることが有名ですが、連載初期に描かれたこの扉絵は、最新のものとテイストが明らかに異なっているのがわかります。

シャーマン、そして霊を扱うテーマなだけあって、小気味よくゴチャついたイラストは、幽霊たちの化物感、怪物感を印象的に魅せてくれています

特に、当時の阿弥陀丸の無骨な顔つきからは、かつて "鬼人" と称されたサムライとしてのおぞましさがうかがえます!

連載中盤から現在にかけての阿弥陀丸は、”スタイリッシュでイケメンな武将” といった印象を浮かばせていますが、当時の鬼気迫る表情もまた、武士としての渋みを携えていました。

センターには、花組のカンナ、マッチ、マリの3人が立っていました! 彼女たちが物語に絡んでくるのはまだまだ先ですが、設定上ではすでにスタート時点で存在していたようですね◎

会場内

ぎっしりと並んだ展示品

こちらが会場。決して広いとは言えず、余裕を持ってゆったりと観覧するには 5,6人ほどが限界かもしれません。しかし、そんな不足を補うかのように、たくさんの複製原画が飾ってありました!!

たくさんの複製原画が・・・!
たくさんの複製原画が・・・!

スペースの限界ギリギリを攻めたかのような展示でしたが、意外にも、それほどの窮屈さはなく 1点1点を落ち着いて閲覧できるようになっていました

展示会運営者の尽力が見受けられますね・・・!

G・Sもびっくり!

会場規模に対して十分すぎるくらいの展示量。これだけでも満足と思いきや、顔を上げれば垂れ幕が!!!

垂れ幕
垂れ幕

天から吊るされているそれを見上げるのは、作中で、大いなる意志・グレートスピリッツを間近で見る行為の疑似体験を意識しているのでしょうか

さすがにそれはないと思いますが、スペースを有効活用しようとする姿勢に脱帽です!!!

展示

序盤の原画

会場には、1巻から5巻までのカバー絵や名場面の複製原画が並んでいました。そしてこちらは第1巻、4話の扉絵です!

初期の扉絵
初期の扉絵

色の濃淡がハッキリとしていて、どこかエキゾチックな印象があった当時のイラスト。1話完結型だった序盤において、この世に留まって悪さをする霊たちが抱える遺恨を果たす物語にはとてもマッチした画風でした。

最新のイラストも!

シャーマンキング連載開始時と、最近になって描かれたと思われる画風を比較してみましょう。

こちらは、現在新たに「少年マガジンエッジ」にて連載中の『SHAMAN KING THE SUPER STAR』のイラストです!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』
『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

繊細なタッチと、それでいてスッと引き締まった線の美しさが魅力ですが、それにくわえ、キャラクターの表情が、初期に比べて柔らかくなった印象です

こうして比較してみると、線の太さや色の使い方など、その描き方には大きな変異があったことがわかりますね。

初代『SHAMAN KING』時代、頻繁にバトルが行われていた内容だったのが、後半では各キャラがそれぞれ掲げた信念への問いを続けるような内容へと遷移していくにつれ、絵柄も落ち着いたトーンへと変わっていきました

言うまでもなく、どちらをとってもシャーマンキングの世界観を形作っているということは間違いありません。

ファンからのメッセージ

展示イベントといえば、ファンによるメッセージです。ここでは、メッセージボードが設けられ、たくさんの人がコメントを残していました。

ファンからのメッセージ
ファンからのメッセージ

驚いたのは、そこに描かれていたキャラクターの数々です。見学に来たお客さんは、1人あたり1コメントだけ残していくのが一般的でしょう。であれば、どうしてもそこに描かれるキャラクターは主人公に偏りそうなものです。

ところが、ここに描かれていたのは主人公である葉くんにはじまり、アンナ、蓮、ホロホロ、リゼルグ、竜、ハオ、ジャンヌ、マルコ、ファウスト、馬孫にコロロ、さらには花組のマッチに至るまで、様々でした!

作中で、各キャラクターの個性がきちんと設定され、心理描写まで丁寧に描かれているからこそ、どのキャラも人気であることがうかがえました。

PVの放映

出入り口付近では、先日公開された新作アニメのPVが流されていました。

完全新作TVアニメのPV
完全新作TVアニメのPV

20周年を迎えてもなお、「よみがーーえーーれーー」というフレーズで有名な『Over Soul / 林原めぐみ』の一端を、展示の鑑賞中に何度も聴くことができました。今でもこの歌い出しを聴くと、気分が高揚するファンも多いのではないでしょうか。

ぜひ「Northern lights」も聴きたいところでしたが、そちらは凱旋時の『SHAMAN KING展』に期待しましょう!

グッズ

小物類

ワゴンには、種類の豊富なグッズが!ファイルやキーホルダー、パスケースなど、小物が多い印象でした。

グッズ展開
グッズ展開

また、新装版『SHAMAN KING』と、『SHAMAN KING THE SUPER』がびっしりと積んでありました。大人買いの欲に駆られること、間違いなしです!

珍しいフレグランスも!

珍しかったのが、キャラクターをイメージしたフレグランスです。同じビルの1階にあるキャラクターフレグランス専門店 Primaniacs(プリマニアックス) が手掛けた商品で、シャーマンキングからは5品が販売されていました!

やはり人気は葉くんだったようで、品切れの表示があったものの、その他にはアンナ、ハオ、蓮、ホロホロをイメージしたフレグランスが・・・!

キャラクターフレグランス①
キャラクターフレグランス①

キャラクターフレグランス②
キャラクターフレグランス②

展示会場ではシャーマンキングのフレグランスのみ取り扱いでしたが、1階の店舗では、他の作品の商品も取り揃えているようなので、ぜひ足を運んでみてください!

まとめ

原作のサイズでは小さくて見ることが難しかったページの細部までしっかりと凝視できるサイズで飾られている『複製原画展』は、著者の武井宏之氏が力を込めた線の細部、色彩のかすれ具合まで確認することができました!

運悪く足を運べなかったみなさんもいることでしょうが、9月には同じく東京・池袋にて『SHAMAN KING展』が凱旋しますので、ご安心ください!

2021年4月の完全新作アニメに向けて、盛り上がっていく『シャーマンキング』を一緒に応援していきましょう!

『SHAMAN KING展』東京凱旋会場について

『SHAMAN KING展 公式サイト』 より引用

開催期間
2020年9月4日(金)~9月13日(日)
開催時間
10:30~20:30
開催会場
池袋 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F
展示ホールA

※上記は、執筆時点での情報です。 ※詳しくは、 公式サイト にてご確認ください。


関連記事











関連タグ

シャーマンキング イベント