伊達市PRアニメ「政宗ダテニクル」声優トークショー行ってきた感想とまとめ

公開日 : 最終更新日 :

福島県伊達市で行われた『伊達なアニメフェス』内で行われた声優トークショーに参加してきました。伊達市のPRアニメである「政宗ダテニクル」に出演しているKENNさんと、ブリドカット・セーラ・恵美さんが登壇し、制作会社の福島ガイナックス社長・浅尾芳宣さんも司会として登壇され、終始和やかなムードでいろいろなお話を聞くことができ、会場も常に笑いに包まれていました。

目次


2019年の『伊達なアニメフェス』概要

2019年の 『伊達なアニメフェス』 は、9月29日(日)に福島県伊達市の保原体育館で開催されました。保原駅や伊達市役所保原本庁舎からは無料のシャトルバスが出ていたり、駐車場が開放されていたりしたので、県外からの参加者も多かったようです。

痛車の展示やコンテスト、コスプレ、「政宗ダテニクル」などのアニメグッズ販売、声優トークショーといったイベントも盛りだくさんでした。他にもイベント前の期間にはスタンプラリーを行っていたり、当日は福島産の食材を楽しめる屋台が出ていたり、アニメのイベントとしてだけではなく、福島の良さも楽しめるイベントでした。

声優トークショーは、伊達市5代目当主の宗綱(むねつな)役KENNさん、政宗の嫁・愛姫(めごひめ)役ブリドカット・セーラ・恵美さん、福島ガイナックス社長・浅尾芳宣さんによる作品の制作裏話やその場でしか見られない朗読劇など、盛りだくさんの内容でした。

「伊達なアニメフェス」入り口
「伊達なアニメフェス」入り口

「政宗ダテニクル」とは?

「政宗ダテニクル」とは、現在6話までYouTubeで配信されている伊達市PRアニメで、伊達といえばこの人!といっても過言ではない『伊達政宗』と、そのご先祖様を題材に作られた作品です。伊達家17代当主である政宗15歳が、「冥龍眼」という宝玉により実体化される16人のご先祖様とともに「冥龍眼」を狙う謎の仮面の集団と闘う青春戦国グラフィティ

ご先祖様の力を借りるためご先祖様合体したり、ご先祖様が敵と戦うためにバンドを組んだりと、少しシュールなところもありますが、戦闘シーンもキャラクターもかなりかっこよく映像も綺麗なので、戦国武将好きや政宗好きにはぜひ見てほしい作品です。

『伊達なアニメフェス』声優トークショー感想

声優トークショーの前に、実行委員会の会長と伊達市市長が挨拶されたのですが、会長自らコスプレをしていました。さらに伊達市市長も!

左の戦国BASARA伊達政宗コスが市長、右の赤ピクミンコスが会長です

市長のコスプレは、7月28日に行われたふくしま街コスというイベントでアンケートを取った結果だったようです。

声優トークショーでは、まず司会の方が登場し、その後浅尾さんが登場しました。お二人で今日のイベントについて少しお話されたあと、最新話である第6話が1年以上前に配信されていることもあり、作品の空気感を思い出すために「まずは第6話をご覧ください」と上映会に。

上映が終わると、浅尾さんは6話を振り返り、「大画面で見ると感じ方が違いますね。こんなに盛りだくさんでしたっけ?(笑)」と会場を笑わせていました。

そしていよいよ声優登壇!…だったのですが、KENNさんからは「ちょっと呼ぶの遅いですよ~!(笑)」と非難の声もありました。 爽やかな黄色のシャツを羽織ってたKENNさんと、秋っぽい色合いの花柄のワンピースで登場したブリドカット・セーラ・恵美さんに会場からは大きな拍手が送られました。

トークコーナーでは、お二人の福島にまつわるトークに花が咲きました。 福島県いわき市出身であるブリドカットさんが、自身の出身地について「会津・中通り・浜通りがあって…」と話し始めたところ、KENNさんが首を傾げる事態に。「福島の場所はわかります?」というブリドカットさんの質問に、「…聞いちゃいます?」と返すKENNさんのやりとりに会場がどっと笑いに包まれました。 また、KENNさんは前日入りしていたそうで、円盤餃子や喜多方ラーメン、地元のウイスキーなど、福島の食やお酒をたっぷり堪能したそうですよ。

福島県の地図
福島県の地図

作品についての話では、アフレコ時のエピソードや制作時の裏話までさまざまなお話が聞けました。 作品内の宗綱は、しゃべり方がチャラく、今風に言えばパリピという性格なのですが、浅尾さんから「実は宗綱は中性的な見た目で、男性か女性かわからないようなキャラクターになるはずだった」という暴露があり、会場もKENNさんも驚く、という場面も。「先に出ていたご先祖様(役の声優)が好き勝手やるから、キャラが立たなくなっちゃって」とこぼした浅尾さんに、KENNさんがすかさず「(石川)界人ですよね?(笑)」とツッコみ会場を笑いに誘いました。

また、声優初挑戦だったという天月-あまつき-さんが作中で歌うシーンで、後撮りではなくその場で即興で歌った、というエピソードを聞いたKENNさんが「天才がいる!」と感動していました。

朗読劇のコーナーは、本編では絡みのない二人の絡みということで脚本に苦労したとのこと。 ざっくりとストーリーをまとめると、愛姫が、5代目当主の宗綱と偶然鉢合わせるのですが、普段戦いの場面を目にしていない愛姫は、宗綱を本物と信じられず「ゴー・ダイメイ」という外国人だと勘違いしたまま会話が進んでいく、といった感じでした。

宗綱のセリフの節々で「チョベリバ」「だっちゅーの」などの単語が登場し、愛姫からは「残念なイケメンじゃのう」と言われていましたが、響きの懐かしさに会場からは笑いが絶えない朗読劇となりました。

朗読劇のあとにはじゃんけん大会もありました。 登壇した三人のサイン入りTシャツ3枚をかけたじゃんけんは、奇跡的にも3枚とも福島の方に軍配があがるという結果に!

最後まで笑顔で楽しそうにお話するお二人の可愛さに癒されっぱなしのトークショーでした。

『伊達なアニメフェス』にあった痛車
『伊達なアニメフェス』にあった痛車

終わりに

今回のゲストであるKENNさん、ブリドカット・セーラ・恵美さん。写真で見てもイケメンと美人さんですが、本物はさらに美しく、トークも楽しく会場を巻き込むのも上手くてとーっても素敵な方々でした。 そして登場時と退場時だけでなく、事あるごとに手を振っていたお二人が可愛かったです。

伊達市のPRアニメである「政宗ダテニクル」。地方のPRアニメと侮るなかれ、出演する声優陣は、かなりのベテランから人気の若手までとても豪華です。そして映像も綺麗!現在配信されているのは6話までですが、全6話とは明言されていないので、これからの展開にも期待したいですね。


関連記事









関連タグ

イベント アニメフェス 声優 政宗ダテニクル 伊達市 声優トークショー 福島県