『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡 ”Fate”』に行ってきた感想とまとめ!

公開日 : 最終更新日 :

2019年12月20日から2020年4月5日まで開催されている『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』に足を運んできましたので、そのイベントレポートや感想をまとめました。

目次


『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 について

『TYPE-MOON展』は2019年12月20日から2020年4月5日まで開催されています。 期間中に会期は3つに分かれ、第1期は”Fate”が開催されています。

そして、第2期は”Unlimited Blade Works”、第3期は”Heaven’s Feel”が開催されます。

公式サイトの概要は以下の通りになっています。

2004年1月30日。TYPE-MOONは伝奇活劇
ビジュアルノベル「Fate/stay night」を世に送り出した。
それから15年。TYPE-MOONの歩んできた軌跡、
「Fate/stay night」が生み出してきた奇跡。
そのすべてと、これからが、ここに。
TYPE-MOONと「Fate/stay night」が描いた15年の筆跡

2004年1月30日に発売された一本のPCゲーム「Fate/stay night」。
人々に衝撃と感動を与えたこの作品は、
2005年にファンディスク「Fate/hollow ataraxia」を発売。
2006年にTVアニメ化、2010年には劇場アニメ化を果たした。
さらに2014年に再びTVアニメ化、2017年にも劇場アニメが
作られるなど、以後も果てしない軌跡を描き続けている。
世代を越え、性別を越え、なお熱狂的なファンを増やし続ける本作。
その歩みや世界観を体感できる展示会が、ついに開催。
歴史はここに集約し、新たなる歴史が始まる。

TYPE-MOONがこの15年間、どのように歩んできたのか、全身をもって感じられる展示会になっています。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 来場特典

『TYPE-MOON展』の来場特典は2つありました。1つはメモリアルチケット、もう1つが小冊子です。メモリアルチケットは会期別に変わります。

小冊子は「Fate/stay night」の第4のルートとも言える設定とストーリープロットであり、必見です。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ

『TYPE-MOON展』は様々な限定グッズが販売されています。 種類豊富なタペストリーを初め、Tシャツやパーカー、原画集など、どれもとてもクオリティが高いものばかりでした。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ1
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ1

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』グッズショップ2
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ2

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ3
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ3

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ4
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ4

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 グッズショップ5
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』グッズショップ5

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 飲食店

『TYPE-MOON展』ではカフェが開かれていたのと、タピオカが販売されていました。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 タピオカ
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 タピオカ

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 内容

展示内容は基本的に写真撮影禁止です。展示内容の写真が公式より、一部公開されているので、合わせてご覧ください!

https://type-moon-museum.com/exhibition/

『TYPE-MOON展』の入り口

会場の外は、大きく『TYPE-MOON展』の看板がありました。

そこから、チケットがなくても見学できるところがありました。そこでは、TYPE-MOONの15年を月姫から始まり、Fateや空の境界などの歴史を実際のパッケージ15個と共に展示してありました。

入場口とオープニング映像

チケットを発券し入場口へ進むと、セイバーの立体フィギュアが置かれた、大きなスペースから始まります。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』入り口
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』入り口

そして、その先に進むと『TYPE-MOON展』のオープニング映像を巨大スクリーンで視聴します。とてもクオリティの高い映像で、よく纏まっていました。

TYPE-MOON HEROINE

『TYPE-MOON HEROINE』では、6人のヒロインたちがとても大きく展示されていました。展示されてたヒロインは以下の通りです。

  • アルクェイド・ブリュンスタッド:『月姫』
  • 両儀式:『空の境界』
  • 蒼崎青子:『魔法使いの夜』
  • セイバー:『Fate/stay night』
  • 遠坂凛:『Fate/stay night』
  • 間桐桜:『Fate/stay night』

奈須きのこ 小説『Fate』

ここでは、奈須きのこさんがルーズリーフに書いた小説『Fate』が展示されていました。とても文字が綺麗なのがまず印象的でした。内容もとても良く、是非みなさんもじっくりと読んで欲しい内容になっています!

また、武内崇さんの直筆の原画が置いてありました。時代を感じる作画だったのが印象的で、ここから始まったんだ、といことがしみじみと伝わってきました。

Kinoko Nasu's WORK SPACE

『Kinoko Nasu's WORK SPACE』奈須きのこさんの仕事場を再現したスペースになっています。

ここの気合の入り具合がすごく、特に『空の境界』、『Fate/hollow ataraxia』、『DDD』のプロットが置かれていたのも印象的です。

同人コピー誌版や、TRPGルールブック、小説なども展示されていました。

仕事場では、本棚や、パソコンなどが置かれており、奈須きのこさんがどのようなところで普段仕事をしているのかが伺えました。

TYPE-MOON MEMBERS

TYPE-MOONのメンバー15人が紹介されたパネルが置かれていました。TYPE-MOONの沿革もわかり、とても興味深い展示でした。

また、Q&Aコーナーもあり、特に武内崇さんの「仕事が楽しすぎる」と言う回答は、流石だなと思いました。

ちなみに奈須きのこさんは「よく遊び、よく学び、ろくに寝ない」らしいです。

TYPE-MOON GALLERY

『TYPE-MOON GALLERY』では、グッズがとにかく並んでいました。 タペストリーやTシャツに始まり、クッキーやマグカップ、ねんどろいどなど、ファンにとってはとても見ていて楽しい展示ゾーンだと思います。

Fragments

ここでは、『Fate/stay night』に関する設定資料や、絵コンテなどの、作品設計とその実装が描かれていました。貴重な資料も多く、ロゴの候補案と決定案や、フローチャート、そして『Fate/stay night』の企画書もここにありました。

Animation Music Illustration ensemble

アニメーションやミュージック、イラストレーションなどがどのように作られているのかが、展示してありました。

イラストレーションは実際のラフから色分け、彩色まで丁寧に展示されています。

ミュージックはギターやキーボードの展示や、楽譜も置いてありました。

アニメーションは実際の映像が流れていたり、紙の上でどのようにアニメーションさせるのか、文字で伝えていました。 特に面白かったのは「ズン!とか重い感じで」って表現が絵コンテに書かれていたりして、興味深かったです。

TYPE-MOON MATERIAL

『TYPE-MOON MATERIAL』では、テレホンカードコレクションが展示されていました。

TYPE-MOON ART GALLERY

『TYPE-MOON ART GALLERY』では、歴代グラフィックの大判が展示されていました。

その数10個が展示されており、セイバーのウェディング姿の大判が一番大きかったです。

とても迫力のある展示ブースで、見ていてとても引き込まれるものばかりでした。

Go To United Kingdon

武内崇さんの「イギリス紀行」の一部が展示されていました。イギリスの街並みがセイバーと共に描かれていて、そのイラストの数々はどれも綺麗で美しかったです。

是非その目で見て欲しい展示内容の1つです。

Fate/stay night DEEN EDITION ANIMATION WALL

スタジオディーンが制作した『Fate/stay night』の原画や絵コンテ、AR台本などが展示されていました。なかなか見ることのできない内容だったと思います。

絵コンテの選ばれてるシーンもとても良いので、是非見てみて欲しいです。

Fate Flowchart: Day 1-15

ここでは、『Fate/stay night』における、ゲームの「Fate」ルートがとてもわかりやすく描かれていました。

キャラと選択肢をもとに描かれたフローチャートは、良く出来ています。

FYUKI REVIVAL

ここでは冬木市を全長13メートル・高さ4.5メートルの大型ジオラマで再現し、プロジェクトマッピングにより、ダイナミックな映像表現がされています。 そして、約5分で『Fate/stay night』と『Fate/hollow ataraxia』を振り返る内容でした。

特にジオラマに雷や地震、エクスカリバーの演出があったのですが、とても素晴らしく、見ていて面白かったです。

TYPE-MOON LIFE

『TYPE-MOON LIFE』では、とにかくフィギュアや書籍、映像作品が飾ってあり、姿はとても壮観でした。

また、「アニメ オブ ザ イヤー」などのトロフィーなども飾ってあったので、必見です。

TYPE-MOON Cover Collection

ここでは、TYPE-MOONが表紙を描いた誌面の表紙がまとめて展示されています。どの表紙もとても良く出来ていて、数が多く壮観でした。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』Cover Collection
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』Cover Collection

Anniversary Message

ここでは『TYPE-MOON展』に寄稿された色紙がまとめて展示されていました。写真はOKなのですが、SNSで共有するのを控えてくださいと描かれていたので、是非みなさんの目で確認して欲しい内容の一つです!

Autographed

ここでは、TYPE-MOONのオフィス内に飾られている、作品の制作時やイベント開催時に出演者がサインしたポスターや ステージ造形物の数々が展示されています。

豪華な物が多く、とても見どころが満載です。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』Autographed
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』Autographed

エンディング

最後は「エクスカリバー」が映像とともに展示されていました。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』エンディング
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』エンディング

フィギュアやオルゴール展示

最後におまけでフィギュアやオルゴールが展示されている部屋が存在してました。

実際にオルゴールの音を鳴らせたりするので、是非聞いてみてください。

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示1
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示1

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示2
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示2

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示3
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示3

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示4
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示4

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示5
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』フィギュアやオルゴール展示5

さいごに

『TYPE-MOON展』はその15年の歴史を忠実に再現し、とても完成度の高い展示会でした。 映像作品や限定グッズなど、どれをとってもクオリティが高く、とても満足が高いです。

会期は3期に分かれていますが、全て足を運んでみようと思いました。 是非みなさんもその目で『TYPE-MOON展』を楽しんでいただければと思います!

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』さいごに1
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』さいごに1

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』さいごに1
『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』さいごに2

『TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡』 開催概要

【タイトル】
TYPE-MOON展Fate/stay night -15年の軌跡-
*省略表記:TYPE-MOON展

【会場】
ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区六本木5丁目6-20)

【開催日時】
2019年12月20日(金)~2020年4月5日(日)
“Fate”: 2019年12月20日(金)
“Unlimited Blade Works”: 2020年1月23日(木)~2020年2月24日(月)
“Heaven’s Feel”: 2020年2月27日(木)~2020年4月5日(日)
10時00分~20時00分(最終入場:19時30分)

【休館日】
2019年12月31日(火)~2020年1月2日(木)2020年1月21日(火)・22日(水)、2月25日(火)・26日(水)

【アクセス】
東京メトロ「六本木駅」より徒歩7分、「麻布十番駅」より徒歩10分

【公式サイト】
https://type-moon-museum.com/


関連記事



【色づく世界の明日から】④P.A.WORKSが手掛けた演出という魔法

『色づく世界の明日から』という作品について、これまでいくつか書いてきました。この物語は非常に緻密に作られていて、どこを切り取ってもそこに何かしらの意図が読み取れる作品です。過去の記事で紹介したのは、そんな作品の中身、物語の根幹である登場人物たちのセリフや感情、ストーリーや伏線についてでした。しかし今回は、その精密に構成された物語をさらに魅力的にさせる<b>「演出」の部分について着目してみたいと思います。</b>残念ながら、筆者は映像について専門知識を持っていないため、ところどころ誤った言葉や知識、過剰な解釈があるかもしれません。ただし、おおよそ素人目に見てもわかるくらい明確な表現技法を使っていると思われるシーンがたくさん見受けられたため、気がついた範疇で見ていきたいと思います。[anichantopic id=203][anichantopic id=204][anichantopic id=205][anichantopic id=207]<div class="columns"> <div class="column my-anime-media"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ロケハン】6<br>最初の取材を元に主要舞台の位置関係を定め 半年後に再び長崎へ。この時は舞台設定の宮岡さんや美術の鈴木さん、干場さんが同行。長崎県フィルムコミッションにもご協力いただき長崎南高校の取材の許可をいただきました。ちなみに取材メンバーには南高出身者が二人いました。 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%89%B2%E3%83%84%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#色ツイ</a> <a href="https://t.co/KykuKV97iD">pic.twitter.com/KykuKV97iD</a></p>&mdash; アニメ『色づく世界の明日から』公式 (@iroduku_anime) <a href="https://twitter.com/iroduku_anime/status/1121757928371806209?ref_src=twsrc%5Etfw">April 26, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div></div>









関連タグ

TYPE-MOON TYPE-MOON展 ネタバレあり イベント グッズ Fate